付属品も持ち込む

カメラを購入したときに付属していたものは基本的に全部持ち込むことです。箱や説明書はもちろん、ケーブルなどもあればすべて一緒に査定に持ち込むようにしましょう。こうした付属品があるのとないのとでは査定額が大きく違ってきますし、付属品があったほうが査定額はアップします。これは間違いありませんから、できるだけ新品で購入したときの状態にして持ち込むことです。

査定すべてが揃っていればベストですが、そろっていなくても問題はありません。とりあえず今あるものをすべて揃えて持ち込めばその状態で査定をしてくれるでしょう。箱や説明書がボロボロだから、といって持って行かない方がいますが、ボロボロでも一応持っていくことをおススメします。付属品があるという事実が大切ですから、ボロボロでも査定額はアップする傾向にあります。

カメラを買い替えながら撮影を楽しむのなら、新品で購入したときにはなるべく付属品をすべて保管しておくことです。売却するときにキレイな状態の付属品があればそれだけで価値が高まりますし、相場価格よりもカメラが高く売れることもあるでしょう。査定スタッフの印象も間違いなく良くなりますから、付属品はできるだけ揃えて持ち込んでください。